タイヤを23cにした

気になっていた太いタイヤ(25c)を、23cにしました。
パンク修理の練習もかねて、勿体無いけど交換してしまいました。

必要なもの:
・タイヤレバー
・新しいタイヤ(前後2本)
(Opt:新しいチューブ)

手順:
■タイヤを外します、レバーをグイっと入れていくと簡単に外れます
■チューブを取り出して、使えるか確認
23cでも大丈夫でした
■これが新しいタイヤです。
(輪っかで売っていると思っていたのは内緒)
■タイヤを広げて、輪にしていきます
■片側のビートだけ、リムの中に載せていきます。
ここは楽勝
■片側がすべてハマったら、チューブを入れます
チューブには空気をすこしだけいれておきます。
■バルブの反対側から、もう片方のビートをリムに入れていきます。
■バルブ付近で、ビートが入らなくなります
バルブ反対方向のリム中方付近まで、ビートをおし込むようにします。(揉む感じ)
入りづらい部分を手のひら全体をつかってタイヤごと、上にめくりあげる感じで入れます。
指の力でビートを押すのではなく、手のひら全体でタイヤ全体を包みこみ、めくり上げる感じです。
■タイヤが入りました
■チューブが噛んでいないか、左右、一周チェックです
これをしないと空気を入れたときにパーン!!と破裂してしまいます。
■バルブを軽く押しこんでから、空気を入れます
■完成!!

トラックバックURL:

コメントをどうぞ