サイクルコンピューター キャットアイ(CAT EYE) CC-RD400DW

ネットで買いました。
ケイデンス、距離を測るには最低限の機能を備えています。

キャットアイ(CAT EYE) CC-RD400DW サイクルコンピュータ

キャットアイ(CAT EYE) CC-RD400DW サイクルコンピュータ



パネルは思ったより小さい!! ステムの上につけていますが、ほとんど一体化する大きさです。

画面をタップすると、表示が変わります。
液晶上部のスピード計は常時表示、下部の表示が以下のように
ローテーションします。(走行中の操作はこのタップのみです)

1時刻→2走行時間→3ケイデンス→4距離1→5距離2→6平均速度→7最高速度→8積算距離

表示は見やすいのですが、8つも表示があるので、何回もタップしないともとの表示にもどりません。
(ですので、上記のループを覚えておいて、あと何回でこの表示、みたいな感じで操作します。行き過ぎると涙目です。)

タップするとあるので、タッチパネルだと思っていましたが、そうではなく、機械式です。
ブラケットにセットすると、パネル裏のボタンが全面からのタップで押される仕組みなんですね。
カチッカチッっとはっきりしたクリック感なので、誤動作などはありません。

距離1と距離2は何のためにあるの?と思いましたが、別々にリセット出来るようになっています。
例えば、往路で10Km走ったとします。(距離1、距離2ともに10Kmの表示)
ここで距離1をリセットすると(距離2以外の表示のときに長押し)、
距離2以外の値がリセットされます。(積算距離は除く)
復路で10Km走ると、距離1は10Km、距離2は20Kmの表示となります。

センサーの取り付けは結束バンドを切るニッパーがあれば十分でしょう。
位置が微妙なので、たまにズレます、走行前は確認が必要です。


トラックバックURL:

コメントをどうぞ